週刊誌にはビジネスマンが出世するための秘密があった

weekly-magazine01

今の日本には週刊誌を読んだことが無い人はほとんどいません。ネットでの情報が中心となった今の世の中でも、数ある週刊誌が発売されています。漫画雑誌や奥様雑誌、釣りやパソコンに関しての趣味の雑誌そのほか多種多様な雑誌がコンビニでもキオスクでも週刊誌としてコーナーを賑わせています。一度、興味がないジャンルでも手に取って試されてみてはいかがでしょうか。チャレンジすることで思いのほか面白いものと出会えることがあります。その中には芸能界や昨今の世の中を震撼させたニュース、またはお笑いネタなど、よほど高尚とは言い難い内容の記事を載せている人気雑誌もあります。

しかし、いわゆるこれらゲスい記事もさる事ながら実は、読んでみれば非常に面白いものが多いのです。芸能人のゴシップネタばかり載せている雑誌や、セクシーな表現のある記事を載せている雑誌は、一定の数で需要があるのです。病院の待合や喫茶店の雑誌コーナー、またはホテルのロビーなどにも時間をつぶすためのツールとしては非常に優秀な面があります。そしてそんなゲスい記事もさる事ながら実は、ビジネスマンが出世する為の内容が隠れていることが多いとも言えます。

まずは女性誌や奥様雑誌は、女性が今何を考えているかの指標となります。昔から多くのビジネスマンは男性です。男女平等の雇用を目指していても、その数はまだまだ男性のほうが多いと言われています。世の中の女性の考えていること、女性によく読まれている記事を読むことにより、女性の思考の傾向が分るようになります。女性誌で仕入れた話などを、実際に女性社員との雑談の中ででも試されてみてはいかがでしょうか。会社で懸命に働く女性達との関係性がスムーズにいくようになれば、皆で一丸となりさらに業績を上げることも可能になります。また休憩時間など利用して同僚と話をする際にも話題に事欠かなくなって、仕事に良い影響を与えます。

昨今の離職の原因に、人間関係の悪化が目だって挙げられるようになりました。コミュニケーション不足により仕事を離れたとたん話が合わないので、つられて仕事の面でも不安になる人がいます。そもそもコミュニケーションは仕事の一環としてだけでなく、人としてなくてはならないものですが、メールやチャットに慣れた世代にはそれまでの世代と比べると話しべたな人が多いといいます。共通の話題作りのためにも週刊誌は押さえておくことは大切です。

取引先や上司相手に雑談を交わすような場面でも、様々な雑誌を読み知識としてでも頭に入れておくことで助かることがあります。週刊誌は多くの読者、様々な人の意見、多くの角度からの記事を取り入れています。同じニュースでも雑誌が違えば、または記者が違えばかなり切り口が変わって読み比べるととても面白いことが分ります。

週刊誌の中のゲスい記事もさる事ながら実は、ビジネスマンに一方向からの見方や感想ではなく、多くの見方を教えてくれる有意義のあるものなのです。会社や社会で周りに差をつけたいなら週刊誌を何冊か読み比べてみたり、今まで経験のなかったジャンルのものでも積極的に試されてみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP